top of page
  • 執筆者の写真【w/is】Admin

生産性が向上する、話題の「ポモドーロテクニック」とは



勉強中に気が散ってしまい、宿題やテスト勉強に集中できないなんてことはありませんか?


時間を効率的に管理し、生産性を向上させたいと思いませんか?


w/isでは勉強を効率化する方法などインターナショナルスクールに通う生徒様の学生生活が楽になるようなアドバイスを積極的に教えています。今回はその中でも、ポモドーロテクニックという勉強法を紹介したいと思います。


ポモドーロテクニックとは?


1980年代後半にFrancesco Cirilloによって開発されたこの勉強法は、作業を「ポモドーロ」と呼ばれる小さな時間区切りに分けて、生産性を最大化する時間管理法です。


ポモドーロテクニックの具体的な手順


  1. タイマーを25分にセットしてください。そしてこの時間内は、中断することなく一つのタスクに集中します。

  2. タイマーが鳴ったら、5分の休憩をとってください。この時間は自由に体を伸ばしたり、目を休めたり、リラックスするために使います。

  3. 1と2を4回繰り返すごとに、15から30分の長い休憩を取ってください。この時間は、頑張った自分へのご褒美と、心をリフレッシュするために使ってください。


なぜ効果的なのか?


ポモドーロテクニックは、「集中して成し遂げること」の心理学的原理を活用して生産性を向上させています。また、勉強や仕事を短い間隔に分けることで、集中を保ちやすくなり、疲れにくくなります。では、具体的なメリットとしてどのようなものが挙げられるか見ていきましょう:


  1. 生産性の向上:集中的な作業を短時間の間、徹底的に行うことで精神的な疲れを予防し、集中力を向上させます。

  2. 時間管理の上達:ポモドーロの回数を記録することで、各タスクにどれだけの時間がかかっているかを把握することができます。

  3. 先延ばしにしない:面倒臭いと感じる宿題も短時間であれば始めようと思えるため、先延ばしにする癖を治すことができます。

  4. 注意散漫の認識と排除:25分の作業の間は、徹底的に集中させるため、携帯電話やゲーム機などの気が散る要因を排除することが必要になります。自分が気が散ると思うものをしっかりと認識しましょう。





ポモドーロテクニックを効果的に使うためのヒント


  • 各作業間隔で取り組むタスクは重要なものを選ぶ。

  • タイマーが鳴ったら、タスクの途中でも休憩を取る。

  • 自分に合った最適な作業と休憩のバランスを見つけるために、様々な時間の組み合わせを試す。

  • タイマーや専用のアプリを使用して、作業セッションと休憩を管理する。

  • 集中した作業ができる環境を整える。


まとめ


ポモドーロテクニックは、短時間で集中的に作業をすることで生産性を向上させる強力な勉強法です。時間を効果的に管理し、気が散る要因を最小限にすることで、短い時間でより多くの課題を消化することができます。


このような勉強の効率化に関するアドバイスをw/isでは提供しています。ぜひw/isのサービスを利用し、効率的な時間管理や勉強法をマスターしましょう。まずは無料の面談に申し込んで見ましょう。



閲覧数:47回0件のコメント

Comentarios


bottom of page